FC2ブログ

SSL化、あるやなしや

2019.01.11
昨年(2018年)夏頃から、一斉にどのウェブサイトも常時SSL化に踏み出しました。
SNSは、いち早くSSL化。ブログサービスが後追いで徐々に、という感じ。

見かけは「http://」が「https://」になるだけですが、サーバー側では色々大変そうです。

ブログサービスも大体SSL化したのかと思いきや、意外とまだ http:// のところが多いですね。
停滞中の自分のブログの立て直しのため、登録しているブログサービスのSSL化有無を確認してみました。
あくまで無料版なので、有料版は違うかもしれません。


  • FC2ブログ…SSL化
    ただし、https:// への移行はユーザー自身で行う(有効」「無効」にチェックを入れるだけ)。
      
  • Seesaaブログ…移行なし
    以前、「新デザインシステムへ移行」というのがあり、これがSSL化のことかと思ってたら違った。
    一時期たくさんのアフィリエイトブログがSeesaaブログで作られてましたが、今は下火なのかも。
    余談ですが、Seesaaさんの電子書籍サービスの「forkN」が開店休業で息をしていない状態なのが危ぶまれます。

  • livedoorブログ…移行なし
    まあ、ライブドアさんは…分かってた。

  • アメーバブログ…SSL化
    ユーザーは何もしなくてOK。サーバー側ですべてやってくれます、さすが。

  • ウェブリブログ…SSL化
    BIGLOBEさんのブログなので、当たり前と言えば当たり前だけど、ブログサービスとしてはわりと地味(失礼)だと思うので、SSL化にはなんだか驚いてしまった。ごめんなさい
    移行に際して、ユーザー側で何かする必要はありません。

  • JUGEMブログ…移行なし
    運営会社GMOさんは有名どころの老舗ではありますが、あれこれのインターネットサービスで苦戦している様子。

  • So-netブログ…SSL化
    やっぱりプロバイダさんは、SSLに移行せざるを得ないのかも。こちらもユーザー側での設定変更は不要。

  • Blogger…SSL化
    シンプルで、いいブログサービスなんですけど。いかんせん、使い勝手が悪い+日本でのユーザー数が圧倒的に少ない。

  • はてなブログ…SSL化
    FC2ブログと同じく、自分で切り替える必要あり(新設ブログは自動設定)。『はてなダイアリー』はついに終了で、はてなブログに自動移行するようです。

  • Yahoo! ブログ…SSL化
    設定不要で自動移行。もともとあまりカスタマイズできないので、さもありなん。

  • Tumblr…SSL化
    設定不要で自動移行。海外発のサービスは当然のようにSSLへ移行してます。



他に、ココログ、gooブログ、楽天ブログ、ヤプログ、忍者ブログ、エキサイトブログも利用してますが、ID/パスワード忘れてしまってもはやログインできません

かつての携帯サイト大手で、現役の「魔法のiらんど」は完全自動SSL化。スゴイ…さすがKADOKAWA。
自サイトは検索で見つけられたものの、これもID/PW不明でもうログインできず。

エムブロ」はまだ存続しているけど、運営さんはやはり開店休業状態。
SSL化されていないと、もしや閉鎖を見据えてるんじゃ、とか勘繰っちゃいます。

ブログサービスによっては、「https://」表示になっても「セキュリティで保護されてない」メッセージが出ます。
これはサイト内に「http://」の部分があるためですが、たいてい画像タグ<img src="http://~">で引っ掛かるようですね。

So-netブログやはてなブログ等では要注意。
バナーのリンクをコピペしてたりすると、結構こうなります。
アメブロは、アメブロ外のSSL化されてないサイトから持って来た「http://」画像があっても、問題ありませんでした。

ブラウザによって、SSL化移行すると表示されないという不具合が起こる場合もあるそうで。
はてなブログでは、「IEやMicrosoft Edgeは未対応」と明記されてました。

Microsoft Edgeは、一応Win10のデフォルトブラウザなのに、不遇の扱いが多いこと多いこと

吉里吉里Z注意点あれこれ

2016.05.17
しばらくフリーゲーム制作から離れていて、数年ぶりにゲーム制作したんですが、なんというか、フリーゲーム界隈も数年前と随分変わったんですね。

前は、アドベンチャーゲームの制作ツールといえば、「吉里吉里」が全盛だったけど、今はそうでもなさそうで。
吉里吉里2の対応OSが古くなってしまったため、というのもあるのでしょうか。

私はといえば、何も考えず、「吉里吉里Z」と「KAG3」を使わせていただきました。
が、「吉里吉里2」とは違ってて、戸惑った部分が結構あります。

私はスクリプトにまったくド素人なので、「こうしたら、吉里吉里Z動きました」程度の覚書きです。


大きな違いは、文字コード
「吉里吉里2/KAG3」は Shift-JISだけど、「吉里吉里Z/KAG3」はUTF-8なので、私はひとつひとつメモ帳で開いて、文字コードを「ANSI」から「UTF-8」に変更して、上書きしました。
面倒なだけで、この作業は、私のような素人でも簡単にできます。

他サイト様の「吉里吉里2」用スクリプトも、文字コードをUTF-8にすれば、ほとんど問題なく動きました。


一番悩んだのは、ゲームが完成し、さて配布しようと思っても、リリース方法が分からない…ということでした。

吉里吉里2のリリース手順は、こちらのサイト様に詳しい解説があります。

でも、そもそも吉里吉里Zには「tools」というフォルダがなく、Releaserがありません
調べたところ、ツール関係は吉里吉里2のものでも動くようなので、吉里吉里2をダウンロードし、吉里吉里2の「吉里吉里Releaser」を使って、配布用のXP3アーカイブファイルを作成しました。

この時、Releaserを吉里吉里Zに移動させると、動きません。
吉里吉里2に入れたまま、使う必要があります。

さーらーに、出力ファイルの名前は、「data.xp3」だけでOKです。
Release\data.xp3とかにすると、動きません。

そして、吉里吉里Zはツール関係がまるっとないので、アプリケーションアイコンを変更するための、krkrconf.exeがありません
これは、吉里吉里2のツールは使えないので、別ツールを使うしかないです。

私は、Resource Hacker ( http://www.angusj.com/resourcehacker/ )を使わせていただきました。


吉里吉里Zの使い方については、あまり解説が見つからないので、そんなに広まってないのかな・・・。
でも、Win10 64bitでも動くし、吉里吉里2を使ってた方にはいいんじゃないかなと思います。


WEB: イングリッシュパーラー

Windows 10予約受付中

2015.06.03
Widows 10が7/29に提供開始というニュースが流れたと思ったら、PCの画面下に「Windows 10を入手する」という表示が現れました。

Win10が提供開始になったら、メールでアップグレードの開始を教えてくれるというもの。
Win8から8.1になったときは、今か今かと待ちながらPCをチェックしてたけど、その必要がなくなったというのはとっても便利。

どこかの記事で、今後はOS無料化の流れになる、と書いてあったけど、その通りなのでしょう。

でも実際、OSが無料でアップグレードできても、ハードウェアの方が追いつかなくなって、そのうちPCを買い替えなきゃならなくなるのは目に見えてる・・・。

OSの更新に伴って、初めの頃はいろいろ不具合出たりするだろうし。

不安や面倒くささは多々あるものの、とりあえず予約はしておきました。

「ウィンドウズ10」、7月29日に無料提供開始

まったく楽しみじゃない、というわけでもないけど、気持ちは複雑。


WEB: イングリッシュパーラー
 | HOME | Next »